夜型人間ダイエット

夜型人間の人のダイエットについてです。
MENU

夜型人間ダイエットについて

太った女性

 

夜型人間の人はよく太りやすく、
ダイエットも朝型の人と比べると難しいと思われています。

 

夜型になってしまう理由は人それぞれかと
思いますが、なんとなく夜遅くまで起きて
いる習慣のある人もいれば、仕事等の都合上、
夜型になってしまわざるをえない人も多いと思います。

 

夜型人間はなぜダイエットが難しい?

夜型人間だとダイエットに不利といわれるのは
まず、夜は人の体の仕組み的に体の新陳代謝が低下します。

 

そのため、同じ量のものを食べても
夜と朝では夜型の方が体に脂肪等がつきやすいのです。

 

特になんとなく夜遅くまで起きてしまっている
人はその時間の分、間食をしてしまうリスクも多いわけです。

 

また、仕事上深夜等に帰宅する人は
どうしても遅い夕食を済ませるような形になり、
すぐ寝てしまうケースが多いため、食べてすぐ寝ることで
脂肪がつきやすいというのが挙げられます。

 

以上のところから夜型人間は太りやすく、
ダイエットの弊害も多いと考えられているのです。

 

夜型人間のダイエットはどうする?

夜型人間のダイエットは確かに不利な要素も多いですが、
ダイエットとしての基本的な考え方はなんら変わりません。

 

消費エネルギーが摂取エネルギーを下回らなければ良いわけです。

 

食事の仕方等を工夫することで、
朝方の人同様に十分に痩せることも可能です。

 

まずは、自分のライフスタイルを理解して、
今現在の消費エネルギーと摂取エネルギーを把握することです。

 

その上で1日の食事等をあらかじめ
ある程度計画的に決めておくことで、
食べすぎ等は防ぐことができます。

 

また、夜型人間でも、就寝直前の
食事や間食というのはNGで、太る原因になります。

 

仕事上どうしても遅い帰宅になって
しまう方なんかでも、就寝前の食事は最低寝る2〜3時間前にすべきです。

 

難しい場合は、仕事の休憩等を利用して、
間食して、帰宅時に空腹になりすぎていない
ような工夫ができると良いかもしれません。

 

また、夜の間食を防ぐために置き換え
ダイエット食品を利用するというのも良いかもしれません。

 

基本寝る前に過度なカロリー摂取は不要ですので、
空腹で眠れないという方には置き換えダイエット食品は
寝るまでの空腹を紛らわすためにも良いかもしれません。

 

このページの先頭へ